読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はみこの自己研鑽日記

理系院卒のゆるキャリOLはみこの日常と考察

レーザートーニングはルビーが一番合うかもしれない

今のところまだメドライトC6という機械でのレーザートーニングが主流かと思います。

この前行ったところもオープン直後ですがメドライトだったし。

クリニック側からすれば買ったからにはそう簡単に買い替えが出来ないし、買い換えるほどの違いではないということも言えます。もしくはルビーよりもメドライトの方が優れているというお医者さんもいるでしょうし、効果の出方は当て方や出力であって機械の違いではないという意見も聞きます。

自分たちが使う機械を否定するわけにいかないのでみんないいこと言うんですが、中立的な立場の先生はどう考えているんだろう。

もしかしたら、個人の肌によって合う合わないがあるのかもしれません。

ルビーは比較的新しい機械で、ボルドーの色がお上品。

f:id:hamiko-00:20170405032207j:image

肝斑にもいいって言われました。

照射の形がトップハット型のためガウシアン型よりも均一に当てられるからだそう。肝斑は刺激がダメなので、部分的に当たりすぎるところが出ちゃうと悪化するらしい。

当てられた感じは違いがわかるというわけじゃないんだけど、ルビートーニングだと照射直後にしっかり赤くなっていて反応しているのを感じます。メドライトだとダウンタイムゼロというか全く変化していないので物足りない感がある。

翌朝の肌がよりツルンとしていて光沢があるのもルビー。