読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はみこの自己研鑽日記

理系院卒のゆるキャリOLはみこの日常と考察

ハイブリッドセラミックインレーを入れて銀歯とさよならする

自分の歯の状態って日々の生活の中ではつい忘れがち。基本痛くなるまでその存在を気にしてません。

毎日朝晩の歯磨きもルーティンすぎてほぼ無意識です。正しく磨けているかも不明だけど、ここ5年くらい歯医者にはお世話になってないので、まずまずなんじゃないかと思います。

しかし今回は生まれて初めてどこも痛くないのに歯医者にお世話になりました。

理由はハイブリッドセラミックインレー。

銀歯は下の奥歯に3本あって、大きな口開けると見える程度。これが原因で思い切り笑えないというレベルではないんだけど、白い方が絶対美しいよね。

この銀歯を入れた頃は、それしか選択肢がありませんでした。

f:id:hamiko-00:20170324112549j:image

いまこんな感じ。ここまで口開けること滅多にないですけどね。

 

今日の治療はレントゲン→銀歯外し→型取り→仮の詰め物をするという流れで40分くらい。

歯のレントゲン初めてだったんだけど、なんの意味あったのかはよくわかりません。ここがこうだから治療可能とか、こういう処置になるとか説明してくれるといいんですけどね。

f:id:hamiko-00:20170324112622j:image

なにを見ていたんだろう…

 

そしてなぜか片側ずつ。

今日は左の1本だけ処置します。早く終わらせたいんだけど。

歯を削るのに麻酔かけてくれたのはありがたかった。表面麻酔と注射の麻酔。おかげでまだ舌と左半分が感覚ないです。

うがいしたら盛大に吹き出しましたし、左は大きく口を開けません。

なるほど、確かに両方やるときついかも。

 

治療終了後、仮の詰め物が固まるのに3時間。麻酔が切れるのに2時間。あと唾液吸い取ったり口の中を乾燥させる機械のせいで口周りカッサカサですよ。

2時間後にご飯食べてますが片方で噛むのはたいへん。

 

1週間後にはハイブリッドセラミックのインレーができてるそうなので予約しときました。