読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はみこの自己研鑽日記

京大卒のゆるキャリOLはみこの日常と考察

yahoo!ヘルスケアの例がありえない

医療関係

医療業界では遠隔診療が流行語のようになっているのは、2015年に厚労省から出された通達に端を発しています。

遠隔診療は遠隔に限らないっていうやつです。

 

それで嗅覚の鋭いIT業界の方々が、テレビ電話で診察して決済するシステム作って営業かけていたのですが、今やっとひと段落という感じでしょうか。

 

うちも導入を検討したんですが、そのシステム使わなくてもスカイプでできるのでとりあえずスカイプだけ設置しときました。院長使いこなせなさそう。

 

それは置いといて、yahoo!ヘルスケアがはじめた「かんたん医療相談」

この例のやりとりがひどい。

f:id:hamiko-00:20170208175808j:image

「熱があるみたいです…」

「解熱剤飲んで様子みましょう」

「安心しました! 」

 

それは医者の仕事じゃないー。

もちろん例として、わかりやすくしてるんでしょうけど、こんなんにお金払う人いるんですか?それ以前に医療としてナシですよ。

熱を無理矢理下げて大変なことにもなるのになあ。

 

もうちょっとましな例文考えてほしいです!